私は高確率で大暴落や大暴騰の予兆を当てています。
それはある所で、数字・傾向に表れる条件の揃った時だけトレードするからなのです。

・・・しかもその傾向が様々な所で見られますと、大暴落・大暴騰になるのです。
(大暴落・大暴騰になる時はそうなるのが必然だからとも言えるのですが。)


100年に1回と言われている大恐慌、この最大のチャンスを前に、それほど時間は残されていないのです。(この投資法はむしろ恐慌時にこそ力を発揮します・・・)

しかも最もお金の価値の高い20年以上続いたデフレスパイラル末期の今。
欧州金融危機と常に背中合わせの今。
何故しないんですか?まさしく、早く取り組んだ者勝ちだと思うのですが。

ある時に一気に資産が増えますね。これが当投資法を使った時の特徴です。
途中大きく収益が2回上昇していますが、1回目でも50倍増えています。
2回目もさらに50倍増えているので、1回目がかすんで見えるだけの事です。
また厳密には途中負けてますが、その勝ち幅の大きさが故、負け幅はこの図でほぼ横ばいなのです。

このイビツなグラフは典型例ですが、大暴落時・大暴騰時にはもっと極端にイビツになります。
この見慣れない収益を上げているその取引法は、何だと思いますか?


まずあなたに3つ質問します。ある金融取引方法ですが、その答えは同じです。

■FXや日経225先物よりはるかに資産が増えやすい投資方法とは?
■追証リスクが無いのに100倍以上のリターンが望めるトレードとは?
■最も取組時間が短く、元手10万から1億の期待値が高いトレード方法とは?


多くの人が一気に資産を増やせそうだと思う取引方法。

まず株式や信用取引では、当然ですが一気に増やす事は無理です。
ストップ高、ストップ安をうまく読めても1日に最大30%増できれば上出来です。
また倍増するにはどんなにうまく展開しても大体1ケ月近くはかかるでしょう。

次に多くの方はFXや日経225先物を思い浮かべると思います。
しかしFXや日経225でも上記のグラフを導くのは正直無理です。
(破産の方向なら、上記の逆の図ならありえるかもしれませんが。)
現在最大レバレッジはFXで25倍、日経225先物でも大体30倍止まりでしょうから、短期間、1か月位では、どううまく読みを当てても、せいぜい5倍〜10倍も増やせれば良い方だと思います。
ただ現実的に月に5倍〜10倍と言ったハイピッチでの資産増加は、レバレッジが低くてはありえず、恐らくある日、巨額の追証がかかる可能性が大だと思いますが・・・。

しかし、そんな追証リスクとは全く無縁。
しかも資産がFXや日経225先物より圧倒的に増えやすいトレード法、
さらに取り組む時間は非常に短く、
かつ10万→1億までの期待値が最も高いトレード方法があるのです。


それが日経225オプションなのです。


元手、数十万程度から数日で億単位にした者は過去普通にいます。

別に誇張でも何でもなく、これは事実です。
元手50万から3営業日で2億にした話だとか。
元手100万から3億にした話だとか。普通にありうる話なのです。
それ位オプションの威力はあるのです。

実際私ですら、2営業日で20万弱→2000万超えを達成しました。
僅か2営業日で、あっさり1000万を超えたそのスピードにさすがにびっくりしましたが・・・。
(勿論ペイオフの事を考え、すぐに出金しましたが・・・。正直10万ちょっとの元手でその数日後にペイオフの事を考えるなんて想像もできませんでした・・・。)

それこそ資産は3倍〜10倍は日常茶飯事、ある時には30倍〜60倍、ある時には500倍や1000倍にもなります。%表示での資産増で示せば50000%増や100000%増です。

その対価はまちがいなくFXや日経225先物の100倍は違いますよね。

しかも、追証の心配は全く要らないのです。

日経225オプションを知っているのなら、・・・・何故これをしないのだろう。
私はこの事が不思議でならないのです。


その期間は最短で2営業日。大体標準でも2〜3営業日の事が多いです。
過去の歴史上から言えば長くとも1週間(5営業日)程度が標準になります。


実際2営業日程度で結果が出る事が大半
ですが、その理由については本編にも記載されてます。
年間数回起こる、安値から高値までの対価が3倍〜10倍程度の時は大体2〜3営業日の事が多いです。

また対価が50倍以上超える大暴落時は5営業日程度の事が多いです。
2008年のリーマンショックや2010年ユーロ危機、2011年ユーロ危機では実際にそうでした。
このように年に1回起こるかどうかの暴落は大体1週間以内で結果が出る事が多いです。


年間の内殆どは何もしません。つまりノーポジション。精神的に楽です。

金融機関の年営業日数は約240日。
その内実際にトレードするのは10日。多くても40日程度ではないでしょうか?
10日とは大暴落・暴騰時のみに限定した場合。
40日は小規模な動きまで取り組んだ場合です。

FXや日経225のその多くのトレード、システムトレードまで含みますと、ほぼ毎日のように取引をしていると思います。さらに追証とは常に背中合わせ。仕事を抱えている方は常に頭の中は相場から離れられないと思います。

その精神的負担は相当大きいと思いますが、このトレード法はそのような精神的負担が全くありません。

しかも先述した通り、50倍〜1000倍のハイリターンが望め、かつ追証もかからない。
証拠金取引に比べるとまさしく夢のような取引ではないでしょうか?


ここまで良い事ばかりしか書いていませんが、この投資法のリスク回避法について記載したいと思います。(実際、ここの部分がある意味最重要とも言えます)

一般的に言われているオプションのリスク、特にこの投資法はオプションの買いしかしませんので、オプションの買いのリスクについて記載したいと思います。

オプション買いのリスクとは、証券会社の説明にもあるように価値がゼロになる可能性が高い事、だけです。もっと判り易く言いますと勝率が低いのです。

普通にすると1勝9敗、運が悪いと1勝99敗位なっても不思議ではありません。
だらだら数をこなすとまず負け続けますし、途中で精神的に参るでしょう。

ただ当商品は条件の揃った特定のタイミングだけトレードします。

その基準については本編にも書いてある通りですが、暴落・暴騰前にはある条件が重なる傾向があります。特に年1回起こるか起こらないかの大暴落・暴騰時にはさらに顕著になります。

その時のみトレードする為、年間の内10日。多くても40日程度だけというごく僅かの回数のトレードになるのです。

この事により、オプション買いのリスクを軽減します。


オプション買いの潜在的な低勝率のリスクに対抗するには・・・。
つまり、ある条件が揃った時だけ取り組む事で、勝負の回数を限定しているという事にあるのです。
(それは常識と実態の剥離に目をつけただけなのですが・・・)


■1つ目。ハイリスクローリターンのFXや日経225先物はアホらしくなります。

FXや日経225先物では何より証拠金が必要であり、レバレッジをかける場合は常に追証の事を考えなくてはなりません。

実際満玉でポジションを建てるとほぼ確実に追証に追い込まれますし、かと言ってレバレッジを下げ、追証を気にしなくて良いレベルであれば、大して儲けが出ないのも事実です。

FXや日経225先物は、満玉近いハイリスクを取っても、対価は大した事がありません。
例えばリーマンショック時で、日経225先物やFXで読みが当たったとしても、
どんなにうまくやっても資産が1カ月で5倍にもなれば良い方だと思います。

しかもそのようなハイピッチで資産を増やす場合は追証の恐怖と背中合わせですし、
仮に資産が増えれば増える程、ポジションが増加する分追証リスク額も大きくなります。

これがFX・日経225先物の最大のリスクと言えるでしょう。

ところがこの投資法は追証に追われるという可能性が常にゼロです。
いくら資産を増やしても追証とは延々に無縁です。


しかも、リターンが2営業日で3倍〜10倍は普通に起こりますし、ましてリーマンショック時には1週間で500倍にもなったのです。

さらにこのような事態、つまり大暴落(だけでなく暴騰時にもですが)は事前にある程度判るのです。

となるとですが、神経をすり減らし追証と背中合わせで大したリターンも無いFXや日経225先物はアホらしくなるのです。

実際私もオプショントレードで20万弱の元手から2営業日で2000万程の利益を出した時、日経225先物とFXは引退しました。


■2つ目。少数派が最終的に大きく勝つのは真理。という実感がわきます。

このトレード法は結果としてあらゆる部分で少数派である事を徹底している事になります。
本編後半にはその詳細について書いていますが、結局は大多数の反対の動きをしているのです。

恐らくこのような内容の事はどのような本にも書いていないでしょうし、人気投資法や売れ筋投資法程、全く存在していません。

この投資法で結果を掴むと。
・・・なるほど、確かに少数派だからこそこのような収益を得れるのだな
という事が実感できます。

この投資法が成功すると多大なキャッシュが入ってきますが、それは少数派の動きをしているからなのです


■3つ目。過去の戦績が右肩上がり、あの図に騙しだよな。と悟ります。

はっきり言いましょう。
FXソフトや日経225ソフトで描かれている延々右肩上がりのあのチャート。
“相場は判らない”事が判っていない人が追い求める錯覚図です。


つまりそこには出来高を伴っていません。
実際出来高が伴うと需給が変わる訳で、現実にその結果を出し続けてしまうと、
いずれファンドに狙われてしまいます。

言ってもファンドもシステムには莫大な費用をかけています。
それこそ何万分の1秒単位で取引しているレベルの物です。
確実に利益を出し続けるのであればワンパターンロジック等すぐに餌食になります。
その辺で販売しているシステムがいつかは通用しなくなる事は自明の事なのです。

ですから、そんなに延々に右肩に上がり続ける訳がないのです。
理想論としてのチャートは勿論それが望ましいのですが、実際はどうでしたか?
3か月も持たなくて普通です。せいぜい1年持てば良い方じゃないですか?
10年持てば奇跡に近いでしょう。

それどころか、過去どんなに優秀なヘッジファンドすら、10年以上勝ち続けたファンドってまずありません。
(むしろ勝ち続けたファンドの末路は巨額の負債を抱えて終わる事が殆どです)

恐らく、あの右肩図に最も近い形が貯金です。確かに形状的にはほぼ半永久に成立します。
ですが、貯金の場合であってもあのような図が意味をもたなくなる時が来るのです。
ハイパーインフレ時になれば、貨幣価値の減価の方が右肩の増え方より圧倒的に大きいですから。
しかも何十年かに1回。多くの国で起きている事です。

それよりも真理に近い事は“相場は判らない”事です。

どのような投資法であっても、まずこの事をしっかり言えているかどうかが重要だと思っています。
極論言えば、3日先の事だって判りません。それは大資本家の思惑次第なのですから。

さらにそれだけでなく、


この投資法を学ぶと、根本的なお金の流れに気付きます

そもそも金融市場は実質ほぼゼロサムゲームですので、お金を奪い合っているだけです。
その中である所からある所へ不変の流れがあるのです。
普遍の流れでもあるのですが、どのような流れだと思いますか?

それは大資本家が小資本家より巻き上げ続けている構図です。

さて、大資本家と小資本家、その絶対数はどちらが多いでしょう?
明らかに小資本家です。ですから、

一部の大資本家が、多くの小資本家よりお金を巻き上げ続けているのです。

これをもっと平たく言いますと、多数派から少数派へ流れるのです。

実はこの事は金融市場だけにも関わらず、資本主義全体に当てはまる真実です。
会社の役員対従業員の給与構図がそうですし、国家対納税者でも同じ事が言えます。

つまりお金の流れが見えてくる事が実感できると思います。

ですから、


同時に、何故多くの者が負けるのか。もよく判ります。

伝統的なトレード方法では、何故負けるのか?
テクニカルトレードの多くは、何故負けるのか?
ファンダメンタルズトレードの多くは、何故負けるのか?
株式に手を出す者の多くは、何故負けるのか?
信用取引をする者の多くは、何故負けるのか?
先物市場でトレードする者の多くは、何故負けるのか?
FX取引している者の多くは何故負けるのか?
多数派は何故負けるのか?

これらの事が、当たり前のようによく判ってくるのです。

恐らくこの真実を述べた投資法は残念ながらほぼ皆無でしょう。
何故なら、この投資法は少数派の条件が揃った時だけするトレードですから。

つまり、一般論で考えて成立しなくて普通の事です。


最も何も考えなくてもよいシステムトレードが流行っている今、この真実を考えようともしていない方が大半です。(だから少数派の私が潤っているという事もありますが)

まさしく少数派が多数派から搾り取る構図が見え、その結果どう取り組めばよいのかを記載したのが、この投資法なのです。よって


この投資法は少数の者しか使わない方法で、少数派しか取らない戦略で、その中でもごく僅かなタイミングで投資をするものです。
これらを徹底すれば、実際唖然とするような結果を出すでしょう。

現在は金融市場での常識と実態にはかなり剥離があるからこそこの投資法が生きているのですが、いつかはその剥離が無くなくなる、つまりこの投資法が常識化してしまえば、効果が薄れてくる可能性は十分にあります。

それは金融市場の正常化であり、広い意味では金融市場が存在する意味がなくなるかもしれません。
(その理由も本編を読めば判ってくると思いますが。)

実際オプション市場が金融市場の金額を最も大きく動かしているジャンルですから、
金融市場が正常化、投機化を防ぐ流れになった場合、
ひょっとしてオプション市場自体が閉鎖の可能性もあります。
そうなると残念ながらもうこの投資法が使えなくなります。

実際そう簡単にこの投資法が常識化するとはとても思えませんが、
実際、早い者勝ちは間違いなく真理ですし、つまる所早い内に知った方がよいのです。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。

遅れました。
改めて自己紹介したいと思います。

著者  賀茂 知大(かも ともひろ)
年齢  39歳
職業  ●自営業(食品卸売業他、年収合算2000万以上)
     ●別に不動産賃貸業(不動産投資とも言える)、現在1棟マンションを2棟所有、
     (年間最大家賃収入−年間返済額=3000万−1300万=1700万)
     ●金融市場で目覚ましい成績を収めているのは今の所日経225オプションのみ
      (2012年8月現在、通算2000万プラス)

複数収入源を持ち、それぞれの長所と短所を組み合わす総合投資を理想とする。
現在、自営・不動産賃貸業・金融市場における投資を主な収入源としている。


それぞれのジャンルで共通するある法則性を見出す。
その結果金融市場で最も効率良く収益を上げる方法が日経225オプションであり、独特の投資法を2011年に編み出し結果を出す。

この欄は今後更新する予定。


2011年初め、日経225オプションを使ったこの投資法を完成させたのですが、この投資法を見出せたのも一重に様々なジャンルの道を歩んできたからです。

どのジャンルにも性質の違った長所・短所がある訳なのですが、同時に
大きく成功する上で共通する特性がある事に気付いたのです。

私の場合、どの道でも同じ事が言えたのですが、最初は失敗しました。
もしくはなかなかうまくいきませんでした。今となればその理由はよく判るのですが、
そこまでは普通の事・常識の範囲内の事しか、しなかったからです。


ですが、どのジャンルでも成功する要因はどれも共通していたのです。
それは、一般論と反対側に答えがあったのです。


これは一般社会だけでなく、まさしく金融市場全般にも当てはまる事です。

多くの方は、みんなが良いと思っている事しかしません。
当たり前の事しかしません。つまり、常識に弱いのです。
ついつい常識的な事をしてしまう。
そこには安心感があるのでしょう。
みんながそうだから、大丈夫。

ですが、みんなと同じようなトレードを取り組む結果、その方々は揃って負けているというのが一般的な構図である事。あなたには見えていますでしょうか?

それは一般事業にも言えます。
皆と同じ事をすると、競争相手がそれだけ増えいつかは負けてしまいます。

不動産投資にも同様の事が言えます。多くの不動産投資家が普通以下の結果しか出せないのは、普通の取り組み方しかしていないからです。(不動産投資家の多くは最終的に大変な目に合う可能性が高いと見ます。詳細は後述)。

つまりですが、人の行く裏の道に、勝ち組の答えがあるのです。
そこには競争の元苦しみ抜くと言った感覚がありません。
むしろ“こんなに楽でいいの”という感覚が常にあります。


この投資法を身に付けると、それが見えてきますし、実感できます。

金融市場では、まさしくこのオプション自体が裏の道にあたるのでしょうが、私に言わせれば、稼げるチャンスがオプションにあるのに気付いてない方、もしくは実行しない方がこれ程にまで多いのが残念でなりません。

オプション取引をする段階で既に少数派。また買いになるとさらに少数派。
そしてその中でも僅かなタイミングを狙うだけ。
しかも追証リスクは無く、多大なリターンの可能性があるのにです。

さて、実際に多くの方は常識の範囲内の考え方をします。
ですから次に当てはまる方には是非お勧めしたいのです。
1つでも当てはまったら是非取り組んでください。


まず4つ程挙げましたが、上記の方は必須だと思っています。
オプション取引以前に、常識の罠にはまっているが故、危険だからです。
共通している事は多くの方が取り組んでいる事、リターンに対しハイリスクである事です。


また次に1つでも当てはまった方も是非取り組んでください。


その1、その2に該当する方は多数派ですが、危険性は先述した方程はありません。
しかし、少なくともその3、4、5の意識が無いのであれば、今後是非取り組んで欲しいのです。
危険性は無いにしろ単に多数派が故、そもそもリスクがあるからです

その3、その4、その5を考えている方はかなり少数派に寄ってきてはいます。
この中では最もセンスのある部類に入りますが、これも普通の範囲内で対応しているだけでは
結果が出せないどころか痛い目に会う可能性もあります。


さてどれも重要な事ですが、それぞれについてもう少し詳しく説明していきたいと思います。


先述の通り、私も不動産投資で当初10年固定で融資を受けていますが、特に不動産投資・事業融資・住宅ローン等を受けている方でも次の2点に当てはまる方は危険と思っています。

●変動金利で融資を受けている。
●融資を受けている銀行の自己資本比率が低い場合。(10%以下)


現在世界的に国債バブルになっていますが、このバブルが弾けてしまうと上記2点に当てはまる方が真っ先に被害を受けてしまいます。

まず、国債暴落しますと金利は急上昇します。
資本主義の平均金利はおよそ4〜5%ですが、日本に関しては3%を超えると税収で金利返済ができない計算になります。現在の税収が40兆以下に対し、国債・地方債合わせて1500兆程あるからです。
世界金融危機により世界中が国債暴落になった場合、日本国債も例外なく暴落するでしょうから、金利が急上昇するのは間違いありません。

一旦金利が3%を超えてしまうと、ギリシャ・スペインの事例を見る限り金利は5%どころか10%超え位簡単に行きます。さて、変動金利で現在融資を受けている方は平均して1%〜4%程度の金利で融資を受けていると思いますが、これがそのまま5〜10%上昇した場合、つまり金利が10%〜15%になった場合。

返済はできますでしょうか?事業融資・不動産投資・住宅ローン、恐らく不可能ですよね?

融資を長期固定金利で組めている方はいいのですが、金利自体が変動に比べ格段に高くなったりだとか、違約金が高い等で、変動金利で組んでいる方が圧倒的多数です。

先述したとおりですが、ここでも多数派が不利になるのです。
普通に変動金利で借りた多数の者が不利なのです。

金利上昇へのリスクヘッジとして直接銀行でオプション取引や保険を組む方法もあるのですが、何より金融機関が正常に機能している事が前提ですので、この話はパスしておいた方が良いと思っております。その上、書面で交わしている契約が故、リターンにも時間がかかります。

それならばこの投資法の方が資金化(翌日には現金化)も早く、リスクヘッジにも持ってこいなのです。

次に自己資本比率が低い銀行や、長期国債保有率の高い銀行から融資を受けている場合、
(●●銀行、ディスクロージャーで銀行の財務内容が判ります)、金融危機時には破たんや再編される可能性が大です。これはそのまま貸しはがしになってしまう可能性が高くなります。

これらにスピードや対価で対応できるトレードも現実的に限られています。
この日経225オプション以外にはないでしょう。

オプション買いの性質としては保険の意味もありますので、融資を受けている場合、この取引法は非常に重要です。そのおよそ1%程度の資金があれば十分でしょう。
万が一の金利上昇や銀行破たんにも備えられる性質もあるのです。


FXや日経225先物で利益を出されている方も少なからずいると思います。
結果が出ているので、恐らく余計なお世話だと思っているでしょうが(笑)、FXや日経225先物ではその性質上、次のようなリスクがあります。

●スリッページや強制ロスカットの恐怖。

スリッページの発生やポジションによっては、大きな相場変動により一発退場もあり得る話です。
特に多大な利益を出されている方程、ポジションが多くなる傾向にある為、追証リスク額がより莫大になる傾向があります。証拠金が100万程度なら追証リスク額も知れていますが、仮に証拠金が1億ともなると追証リスク額は何千万単位の可能性が出てきます。

ですが、この取引法では資産が増えてもその性質上追証がかかる心配が全くありません。


●海外口座の場合資産保全が無い事が多く、また国の法律リスクが伴います。

スピードや機能性が故、海外口座を使っている方も多いと思います。ですが海外の取引会社の多くは資産保全がありません。又日本で問題がなくともその国ならではの法律リスクもあります。当投資法は国内の証券口座を使う事が基本なので、資産保全はされていますし、国内だけの法律リスクだけになります。


●海外口座の場合、利益を出しても納税は総合課税になります。

さらに海外口座で利益を出した場合、自分が日本人国籍のみなら、総合課税で最大50%課税されます。当投資法は国内の証券口座を使う事が基本なので、最大20%の分離課税で済みます。
現地国籍を取得済みの場合や将来その地で生活する予定ならまた別ですが、そうでもない限り総合課税になる可能性が高くなります。


●為替リスク

海外口座の場合円建てで無い事が大半ですから、外貨暴落があれば成績がプラスであっても、資産がマイナスなんて事もあります。

恐らくですが、FXや日経225先物でプラス収支を上げている方はコツコツ勝っているケースが殆どだと思います。
ですが、このケースではある日一発で利益を吹き飛ばす方が非常に多いです。

最悪は全額吹き飛ばすどころか追証を受けマイナスなんて事もあります。


この投資法のリターンはFXや日経225先物よりはるか大きな期待値があります。
少なくともFXや日経225先物では2営業日で500倍増や1000倍増はさすがに無理だと思います。

このような状況下でも、まだFXや日経225先物をしますか?
どうしてもしたいのであれば反対はしません。

ですが証拠金取引の性質上、常に追証と背中合わせである為、そのリスクヘッジとしてこの投資法をお勧めしたいのです。・・・少なくとも合わせ技として利用するだけでもリスクは相当軽減されます。


システムトレードを利用している方は、FXか日経225先物の事が大半ですから、その2の方とも重複する事もあると思います。

システムトレード自体大きく勝てる可能性は低い事が大半ですが、何よりも危険なのは、
相場の激変時に運が悪ければ、意味不明の借金を抱える可能性がある、という事です。

激変相場時にも対応できている物であれば良いのですが、多くは激変相場時にはシステムが損する方向に取り続ける事がある一定の確率であります。朝起きたら、巨額の追証がかかっていたなんて可能性があるのがシステムトレードの怖い所です(当然、追証の保証も無いでしょうし。)

手動であれば、手動の範囲内でしか損失が発生しませんが、システムトレードの場合は自分が関わっていない間にさらに損害が拡大し続ける危険性があるのです。

それならば、自分でした方がよいのでは?と思います。
この投資法は裁量トレードである上、追証にかかる危険性はゼロですから、上記のような危険性はゼロです。対価の可能性は勿論FXや日経225先物よりはるか上です。


最後に絶対にこの投資法を取り組んで欲しい方。オプションでも売り戦略中心の方です。

実際オプション取引を始める大半の方が、勝率の高い売りから入ります。
論理的にも勝率が高く設計されているのもオプションでは売り戦略です。
大体人間というもの目先の勝率、結果を追い求めて普通ですし、売り戦略は実際多数派です。

しかし、ここの多数派の罠があるのです。
大体簡単な仕組みの場合だったり、勝率が高い場合はリスクがつきものです。
オプションの売り戦略も例外ではなく、勝率が高い分だけのリスクがあります。

それはFXや日経225先物と同様証拠金取引になるのですが、オプションの売りの場合追証にかかった時の金額がFXや日経225先物と比較にならない程大きいのです。

実際FXや日経225先物で追証にかかったとしてもせいぜい持っていた証拠金レベル迄で収まる事が大半です。しかし、オプションの売りで追証にかかる場合、証拠金の数倍、数10倍の可能性があるのです。

大体、売り戦略自体は勝率が高いですから、簡単に資産が増えてしまい、資産が増えるとついついポジションも大きくなりがちです。そして、震災のような非常事態に1度でもなれば証拠金の数倍、数10倍の追証がかかってくるのです。(実際震災の時にはオプションの売り手は、元手数百万程度の証拠金で数千万〜億単位の負債を出した方がたくさん出ました。)

このようなリスクがある為、原則オプションの売り戦略を取り組んではならないのです。

ですが、この投資法は買い戦略だけですので、そのようなリスクは全くありません。
買い戦略のリスクは低勝率ですが、可能性のある時だけに取り組む方法ですので、低勝率の割には格段に勝率が高いのです。その点はご安心して頂きたいと思いますし、何よりそのメリットが対価の利益が無制限である事です。

ここまでに該当する方はリスクが高く絶対に取り組んで欲しい方でしたが、この後に記載する方で当てはまる方はそもそも多数派が故に将来的なリスクがある為、取り組んでほしい方です。


実際トレードを取り組んでいる投資家全体の8割以上は損益通算マイナスでしょう。

また損益通算はプラスであってもその内8割の方は大きくは勝っていないと思います。
増やしたと言っても貯金よりは増えている程度。せいぜい資産が倍程度。

少なくとも家が買えただとか一生困らないだけの資産を築けた方は全体のごく一部のはずです。
(家1軒分負けた人の話は結構聞きますが・・・)

家を買えた、一生困らないだけの資産を築けたという次元の方は投資家全体の1%以下だと思いますが、この投資法を身につければ、その1%に入る可能性が格段に上がります。

実際通貨危機が目前ですが、家1軒分位の収支分位はプラスにできないと、時間を割いて投資をしている意味が無いと思っていますし、その可能性があるのもこの投資法だと自負しております。

実際私自身当初20万以下の資産から2営業日で2000万以上にしましたし。

大体成果が出ない方の特徴は決まっています。
大多数が取り組んでいる事。多くの者が考えている事。
つまり常識の範疇内のトレードしかしていないからです。
実際全体の99%の方はそうなのではないでしょうか?
その方は大半は負け、勝ってもごく僅かの額であったり、短い期間の事が多いでしょう。


この投資法はその真逆の動きを意識した物です。しかも金融市場での普遍性をついたものでもあるので、今しばらくは使えるでしょう。

現段階ならこの投資法を取り組んでいる者は間違いなく全体の1%以下です。上位1%の世界に入りたいなら、是非いち早く取り組んでほしいのです。


そもそもオプションって言葉聞いただけで“難しそう”だと思う方が大半だと思います。しかし、最低限必要な言葉だけ知っておけば、後は値段の動きさえ掴めればそれ程難しいものではありません。

多くの方は株式・信用取引・先物・FXまででトレードを止めてしまう、もしくはオプションは難しそう、トレードの書が無いからしないでおこう、怖そう、大体この辺の理由でしない方が大半です。

つまりオプショントレードする段階で既に全体のトレーダーの中でも少数派になります。

事実として、最も巨額の資金を移動している市場がこのオプション市場なのですが、その最もチャンスのあるオプション市場に参加している者が、非常に少数しかいません。

難しそうとか、怖そうとかが原因で全くしない事こそ、ある意味金融大資本家の狙いでもありますが、私から言えばFXや証拠金取引こそ仕組みが簡単すぎるが故リスクが大変高いものと思っています。

実際の所、その動く額から判断すると、オプションで利益を出す為に先物やFXが存在している事に気付くはずなんですけどね。簡単に言えばFXや先物はオプションで利益を出す為の手段にすぎないのですから。

一度この投資法を理解してしまえば、この仕組みもよく判ります。
それこそこの投資法をしない方が如何にもったいないのか判って頂けると思います。

これらその1、2に該当する方は、今すぐ取り組んで欲しい方です。
この投資法を理解すると、この後のその3、4、5の方の考え方もよく判ってくると思います。


現在の日本の社会保障は破たん寸前まで来ています。
(最もこれは日本だけではなく、ほぼ世界の全ての国に当てはまってますが)

その証拠に年金の支給額自体、年々減ってきています。
さらに新たに出来た介護保険料は増額の一途、トドメが消費税増税で実際の受け取り分の価値は減価していく一方です。(まあそもそも将来の世代にツケを回すだけの仕組みなので、成立はしなくて当たり前ですが)さらには年金を支払う者は年々減少の上、受け手の数は増える一方ですし、年金自体のその大半は国債に運用されているので、国債が暴落すればその仕組みはジ・エンドです。

同様に会社勤めも当てにならなくなってきています。
消費税増税は、直接的な景気の悪化だけでなく、同時に会社への負担増にもなります。
少し専門的な事になりますが、消費税増税とは非課税の費用・資産部分に課税される仕組みですので、それに該当する代表的なもので大きくウェートを占めるのが人件費なのです。
ですから、消費税増税が始まったこの20年間以上ずっとそうですが、雇用減や給与減、果ては退職金減になってきましたが、今後これらの事がさらに加速するという事なのです。
(もっと言えば消費税増税自体、日本経済を弱体化させる以外何物でもないのですが)

さらにはTPPによる国内の産業空洞化も合わせると、今から5年程先には国内経済は今以上に疲弊する事は間違いありません。それだけでなくユーロ危機や国債暴落によって倒産する会社も続出するでしょうし、会社が仮に持ったとしてもリストラに会う可能性も無いとは言えません。

しかし残念ながら、多くの方は国内で普通に生活をする事自体(特にサラリーマンや公務員の方)、非常にリスクが高いという事に気付いていません。もし、ハイパーインフレになれば物価の上昇に賃金の上昇が追い付かなくなります。

ここ数十年来の日本の歴史を見ても、賃金が物価上昇の後を追いかけるような事態になる事は殆どの方はあり得ないと思っているでしょうが、歴史が繰り返すという事なら、いつかはなります。(先進国の歴史では、大体1生涯1回位のペース)そのような事態になってからではもう手の打ちようもありません。恐らく日々の食費に当てるキャッシュだけでいっぱいでしょうし、投資に回せるキャッシュなんて無くなるでしょうから。

この投資法をするのならば、そのような事態になる前だと思いませんか?
もし気付いたのであれば、いち早くこの投資法を身に付けてください。
キャッシュの価値がある内に取り組む事で、その優位性が大きく増すからです。


世界はこのような流れですから、今後、通貨自体が当てにならなくと考え、金(キン)にシフトしている方も結構いると思います。同様に不動産や株式にシフトしている方もかなりいると思います。

このように考えている方は確かに今の生活に普通にすごしているだけの方に比べ、立派に積極策を取っていると思います。基本的な考え方は間違っていないと思いますが、これらの実物シフト投資についてもかなり戦略を練っておく必要があると見ます。

このような現物投資であっても普通の考え方(多数派)で物にシフトしますと大体ダメな結果になるのは目に見えます。少なくとも半分位は失敗すると予想します。これらの物の内でもスーパー・ハイパーインフレ時であっても、効果を発揮するのはある特性を兼ね備えている資産だけです。

詳細については本編でするとして、その前にその資産に移せるだけのキャッシュが必要です。

現在世界の国債の中にはマイナス金利なる物が続出する中、デフレが末期症状となっている今、キャッシュの価値は最も高いと思っておりますが、その今最も早くキャッシュを築きあげられる可能性があるのがこのオプション取引なのです。

まずはこの取引法を身に付けてください。
現物投資をする上で、幅が広がるのは間違いありません。


もしハイパーインフレになってもこの取引法は非常に生きます。
(本音で言えば、むしろ唯一役立つのでは?いや必須になるのでは?と見ます。)

過去の歴史上、先進国のハイパーインフレ時には月2倍〜3倍の物価上昇をしていますが、株式だけなら単に2倍〜3倍だけ増えるだけでは実質価値は変わらない事になります。また銘柄によっては単に倒産するリスクもありますし、実際には現物株式投資は、単にリスクヘッジの意味合いが強くなると予想しています。

またハイパーインフレ時のFXや日経225先物も非常に怖く、ハイパーインフレと言っても一辺倒に株価上昇や円安になる訳でもなく、途中必ず大きな上下動を伴う事が殆どです。よってポジションを乗せれば、反対方向の動きによって追証に追い込まれる危険性もかなり大きいのです。ハイパーインフレ以上の結果が出せれば良いのですが、実際にはそこまでのリターンの割にはリスクが高すぎると言えます。

ですが、オプションに関してはそのような心配は無縁です。
ハイパーインフレ時のように物価が月2倍〜3倍以上になるような事態であっても、追証は全く無関係の上、オプションプレミアムは100倍以上、1000倍以上になってもおかしくはありません。

つまり相場激変の時も追証リスクが全く無く、最も期待値が高いのがこれもまたオプションの買いなのです。(というより、このような事態の為にオプション買いは存在していると言えます)

この事に気付いたのであれば是非この投資法を身に付けてください。
ハイパーインフレになっても、オプションの取引ができる間は、ローリスクである上、期待値が高い方法であると言えるでしょう。勿論、一刻も早く取り組まれた方がよいという事です。


以上どれか1つでも当てはまった場合は是非取り組んでください。
殆どの方は2つ以上当てはまるはずです。

つまり多くの方が取り組むに値する内容の物なのです


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。


このローリスクでありながら、ハイリターンの取引を殆どの方がしないのは何故か。
やはり不安に思う方も多いと思いますので、私なりにその理由を上げてみました。
その理由は全部で4つ程あります。


そもそも大半の方は、ここまでの投資しかしません。

これらに共通する事は仕組みが簡単という事が言えます。
単に安く買って高く売るか(買い)、高く買って安く売るか(売り)のどちらかです。
ですが、その分他の部分で難しかったり、リスクが高かったりする事になります。

例えば株式取引での短期トレードは最も難しいと思っています。
そもそもその株式のPBR・PER・自己資本比率・業績内容・と言った基本的な知識内容は当然として、さらに外部要因として為替動向・海外の動向・日銀の動向、その他指標等の理解。さらに個々の企業でも隠れた内部要因、ひいてはインサイダー的な問題も含め、さらにはその株式の需給関係(売り買い比率)等、全てを理解しないと正確な動きは掴めません。特に小型株になる程、需給面でさらに不正確になってきます。

FXや日経225先物はこれらより漠然とする為、注視する要因は減ってきます。
よってFXや日経225先物はかなり人気の取引ジャンルであります。
しかし、これらは証拠金取引であるため、追証リスクが伴います。

ですが、ここまでの取引は買い、売りだけの問題なので、基本的な仕組みは非常に簡単です。

これに対しオプションは基本ルールの段階でかなりややこしく見えます。
買い、売り以外に時間価値。限月。権利行使価格。プットとコールと言った概念が入りますから、
何もこんな難しい事しなくとも、と思う方が多いのです。

しかし、買い戦略だけに限って言えば、追証リスクは無い上、利益は無限大の可能性がある訳ですから、このオプションを私は勧めるのですが・・・。


本屋さんに行けば判りますが、現物株、FX、日経225先物の本はたくさんありますが、日経225オプションは殆どありません。

しかもいざ本を読み始めると非常に判りにくい。
恐らくは本を読んでそのまま閉じる人も多いでしょう。
また口で説明しても、余計判りにくかったり・・・。

その結果「やっぱり止めた!」という人がなんと多い事か。
大体このような理由であきらめるパターンが多いのです。

オプションの理解についての一番良い方法は、取引ボード上で実際の値動きをまず見る事です。
そして判らない事があれば、本を読むかネットの情報で確認していく事です。

重要なのはコールやプットがどんな時にどんな値動きをするかです。
判ってしまえばそれ程難しくはありません。


しかもオプションを理解された方の多くは、まず売り戦略からします。
勝率が高いからです。売りでは安定して利益を出しやすく、保険業を営んでいるような錯覚に陥ります。

その多大なリスクを知らずにです・・・。万が一の時には多大なリスクがあるのですが、一定期にそのまさかはやってきます。1ファンドや企業なら万が一の時の保険金は払えるでしょうが、1個人では払えるような物ではない事を忘れてしまうのでしょうね。

実際、オプションを扱う方は高学歴者に多く、そのまま売り戦略に走る方が大半です。
高学歴者は何故か権威に弱かったり、常識にこだわってしまう方が多く、それがネックになっているようです。実際東大の方が全てトーレドで勝っているかと言えばそうでない事が実証しています。

私の中では、むしろ高学歴者の方が負けやすいのでは?という結論になっているのですが、その理由についてもこの投資法の中にあるのです。権威に弱い方、常識的なロジックにはまってくれる方、むしろ大資本家からすると貢いでくれてありがとう、という所じゃないでしょうか?

さて、少し話がそれましたが、オプションをする方は確かに売り専門の方は非常に多いです。
そもそも勝ちやすく設計されているのもオプションの売りだからです。

しかし、この投資法はその逆、買い戦略のみになります。


このように、多くの方は売り戦略自体そのようなリスクがあるから、全体で見てもリスクがあると考えるようです。ですが、オプションの買い戦略の基本的な仕組みとその値動きさえ判れば決して怖い物ではありません。(むしろ、私の中では元本以上の追証リスクのある証拠金取引の方がよっぽど怖いです。)

まあ怖いと言うイメージだけが先行している部分もあるので、多くの方は参入しません。
リスクを避ける行動は、負けないという意味では良いのですが、常に守ってばかりでいても大きく勝てる訳がない事は歴史が証明しています。


さて上記4つは、オプションをしない人の理由の99%に当てはまります。
上記4つに共通する事ですが、全て常識の範囲内で収まっているという事です。

一言で言えば、少数派になるのがイヤな人が多いという事ですね。
99%の方はみんなと同じでなければ安心できないという事です。
(だからこの投資法を実行する1%の少数派の者が、莫大なリターンを受け取る訳ですが。)

もっと言えば、上記4つにあてはまる方は、あまりにも普通の方です。
だから普通の稼ぎしかできない・・・と言っておきます。つまり常識の範囲内の事しかしないので、常識的なリターンしか得られないのです。(これは一般社会でも同じですが)

この投資法は常識と実態の剥離をついた物です。
だからこのようなリターンを得られるのですが・・・。


・・・と、この商品を手にしますとまずこのように思う事が普通になってきます。
ではその商品の概要について説明しますね。

■リターンが50倍〜1000倍時にはある特徴があります。
  原則はその時だけ取り組みます。


このような時は年1〜2回程度ですが、この時、ある傾向が一斉に満たされます。原則その時だけ取り組みます。一度成功すれば、冒頭のグラフのようになります。


■リターンが3〜10倍時でも取組可能です。

リターンが3倍〜10倍以上になる時にもある条件を満たしている傾向があります。
その条件についても、紹介します。


■追証は一切かかりません。

人気のFXや日経225先物といった証拠金取引は常に追証と背中合わせ。
当投資法はオプションの買い戦略だけなので、最大リスクは掛け金だけ。
追証がかかるリスクは全くありません。


■自己資金は3万程度から可能です。

厳密に言えば1万位からでもできますが、ポジション的な問題も含め、3万程度位からで考えて下さい。10万以上あればかなり余裕を持ってポジションを組むことができます。


■投資対象は日経平均株価だけ。投資対象に悩む必要は無し!

投資対象は日経225だけですので、投資対象に悩む事はありません。


■条件の揃った時だけ取り組みます。年間の内殆どは何もしません。

オプションの買いは、通常多くすればするほど負けるような設計になっています。

この投資法は条件が揃った時だけ、可能性がある時だけ取り組む方法です。年間240営業日の内実際にするのは10日〜40日程度でしょう。

常にポジションを取る事の多いFXや日経225先物、システムトレード等に比べ、ノーポジションが多い為、精神的負担もぐっと軽くなります。これが他のトレードとの大きな違いでもあります。


■決済期間もほぼ決まっています。

ポジションから決済まで2営業日程度の事が多いです。
長くても大体5営業日程度になります。


■実際に取り組む時間もそれ程長くありません。

実際に取り組む時間もそれ程長くありません。
条件が揃った時だけ取引するので、裁量トレードの割にはそれ程時間がかからないのです。


■相場のチェックは多くても1日1度だけです。


特に条件が満たさなければ、チェックすらしません。
もし確認する場合であっても、1日の内5分もあれば十分でしょう。
むしろトレードする日の実際に取引にかける時間の方がかかるかもしれません。


■高勝率のオプション売りはしません。ハイリスクの為厳禁。

ちまたにあるオプションの書籍や商材では勝率の高いオプション売りを推奨する事が多いですし。実際オプショントレーダーの大半は売り戦略です。ですが、この投資法ではオプション売りは一切しません。

オプション売りのリスクは万が一の時の事ですが、この投資法は売り戦略の弱点部分を突いている方法でもあるからなのです。


■元来の低勝率リスクを特定の条件下だけする事で回避。

仕組みとしてオプションの買い戦略リスクは低勝率にあります。
先述した通り、ある条件を満たした時だけトレードする事でオプションの買いリスク(低勝率)を回避します。


■裁量トレードです。

条件が揃った時だけ取り組むトレードある為、自分でポジションを取ってください。

現在の流行りはシステムトレードですし、またファンドはほぼ100%システムを使っていますが、だからこそ少数派の裁量トレードがつけこむスキがあるのだと自負しております。

ここでもそうですが、少数の者が勝つと言うのは確かに真理だと実感しています。


■つまりファンドが使うシステムが嫌がるトレードでもあります。

こういった事を意識している投資法もまずありませんが、まあシステムにとってどうしようも無い事を狙っている部分もあります。ここでもですが、多数派の正反対を行くという事です。


■勝った後が重要。資産が増える程、よりローリスクになります!

FXや日経225先物だと、特に1000万以上勝ってからが正念場。
追証リスクもそれだけ大きくなり、もはや相場から離れられなくなります。

この投資法ではそのような不安がなく、むしろリスクは資産の増大と共に急減していきます。
ハイリターンだけでなく、勝ってからが安泰に入っていく事を説明できる投資法も少ないでしょう。


■資金管理・配分だけではありません。
  勝った後の資産分散についても記載。


資金管理、資金の使い方については本編に記載してあります。

しかし実際に重要になるのは急激に資産を増やしてしまった後です。
もし、急激に資産が増えた時には納税対策が必要です。
そもそも安定的に資産が増える投資法ではありませんので、納税時、納税後までの計画が重要です。

相場の世界で何十億と稼いだ者の多くは、最終的には負け組になったり、追証を受け借金をしながらでも相場に向かい続ける事態になる事も珍しい話ではありません。一方で、資産をそのまま残せる人もいます。

資産を残す人とそうでない人との違い。そのような事態を防ぐ為の方法だけでなく、心がけについても記載しております。


■余談ですがお金の動きの特徴に気付きます。

相場の世界では最終的に大多数の小資本家から少数の大資本家へお金は動いていますが、このような現象は資本主義の中ではあらゆる場面で見受けられます。デリバティブでも例外でなく、一気にお金が動く時。それは、つまり大暴落・大暴騰時であり、その結果多くの小資本家が大資本家へとお金が移動するのです。

この投資法は、そのような時に起こるある特徴に着目したものなのです。

ですから、逆に政治経済、金融全般の動きから判断が可能になってきます。


■ハイパーインフレ時にも、そのペース以上の効果が期待できます。

ハイパーインフレが来た時は、先進国の過去の歴史から判断すると、1ヵ月で物価は約2〜3倍、5年で物価が100〜500倍程になります。

しかしオプションの場合は2営業日で500〜1000倍になる事もあります。実際ハイパーインフレのような何十年に1度の出来事が発生すると、それこそ1日で500〜1000倍になってもおかしくはありません。

ハイパーインフレ時であれば、先物・FXでは相場の乱高下で途中でまずリタイヤするでしょうが、相場の激変時になっても対処ができるのが、追証と無縁の日経225オプション買いでもあります。

第1章 日経225オプションの凄まじい威力
第1章ではオプションの威力について記載しております。

個人ができる金融商品には様々な物があります。
中でも損失限定で最もハイリターンである取引商品が日経225オプションである事について比較検討して説明しております。


  • 大変動に備えた究極の金融商品とは?

  • 個人ができる損失限定商品は限られている

  • わずか1週間で160倍の事例

  • わずか1週間で500倍の事例

  • リーマンショックでは2週間で1000倍

  • 震災時で起こった2営業日での1300倍

  • 歴史的に見た突発的事象の発生確率
第2章 オプションの基本的な仕組み

第2章ではオプションについての基本的な概念と仕組みについて記載しております。

  • 日経225オプション買いとは、途中売買が可能な宝くじ

  • コール・オプションとプット・オプション

  • 標準偏差を用いたチャート

  • ボリンジャーバンドを用いての取引方法

  • 株価が変動しなくても、読みが外れても勝てる方法とは?
第3章 オプションを決める4つの要素
第3章ではオプションの動きを決める要素、そして基礎用語、基本ルールについて記載しております。

  • オプション価格を決める4つの要素

  • 1.原資産価格(現在の日経平均株価)

  • 2.権利行使価格

  • 3.時間価値

  • 4.IV(変動期待値)

  • 日経225オプションのIV(変動期待値)の特性

  • IVは原資産価格、時間価値をも凌駕する?

  • 基本用語

  • 日経225オプションの基本ルール
第4章 破産者が続出した、オプションの売り戦略
第4章では、オプションでも一般的に取り組む方が多い売り戦略について記載しております。
売り戦略自体は取り組む事は無いものの、買手側から見て売り手の戦略自体は知っておく必要があります。

特に重要なのは、何故多くの者が売り戦略を使うのか。そしてリスクはどのような物なのか。事例を交えて取り上げています。
  • 何故オプション取引は売りを勧める事が多いのか

  • 代表的な売り戦略1(ショートストラングル)

  • 代表的な売り戦略2(ショートストラドル)

  • 代表的な売り+買い戦略3(クレジットスプレッド)

  • ストップ高に襲われる危険性は常にある

  • 震災時にはコールでもストップ高が出た

  • 売り戦略をあえてする上での注意事項

  • オプション売りは金融商品で大損した大企業と同じ
第5章 オプションの買い戦略

第5章では、買い戦略について記載しております。
買い戦略を普通に取り組む程リスクが高くなる為、様々な工夫が要求されます。

ここではオプション買いの一般論が中心ですが、それでも多くのオプション書籍に書いてある事とは全く異質のものになります。

  • 一般的に買い戦略を勧めない理由

  • オプション買いでは大勝ちしなければ意味が無い

  • 買いでは、アット・ザ・マネーが一番危険

  • IVは低い事が大前提

  • 仕掛けプレミアムは1桁が大原則

  • 残り3〜5週間前からの仕掛け

  • 残り1〜2週間前からの仕掛け

  • 代表的な買い戦略(ロングストラドル)

  • 何故あえて組み合わせを言わないか
ここまでは、日経225オプションにおける基礎的な知識を中心に記載しました。
よって日経225オプション経験者には必要ないかもしれません。ですが、一般的なオプション書籍のように売りの話はむしろ真っ向否定的であり、買い中心での観点である事、特に暴落・暴騰仕掛けが前提である点、共に異質である事はご理解ください。
第6章 世界の金融トップに立ち向かう時の心構え
第6章より当投資法についての説明に入ります。

と言っても、まずこの第6章については当投資法に入る前の基礎的な考え方になります。
ここでのポイントは、ヘッジファンドを初め、システムトレードが大半を占めるオプション市場に対して、裁量トレードで取組む心構えについて記載しています。
  • 相場は判らない

  • 定している、弱者から巻き上げる構図

  • 相手は正確なロボット

  • ロボットの嫌がる事をする

  • システムトレードが通用しなくなる理由

  • 世界の金融トップと同じ事をする

  • 重要なのは予測+相場士的感覚

第7章 暴落・暴騰予測型オプション投資法

第7章ではいよいよ、この投資法の説明に入ります。

なるべく判り易く簡潔に記載したつもりですが、この章だけで60ページ以上と最もページ数を割いております。この取引法のキモにあたる部分ですので詳細については記載できませんが、裁量トレードが故、全ての要因が重要になります。

  • 時期のポイント・・・全10点

  • 買い時のポイント・・・全9点

  • 売り時のポイント・・・全7点

  • ロスカット・・・全3点

  • 資金管理・・・全3点

  • その他細かいテクニック・・・全6点
第8章 実際にやってみよう
ここでは、第6章、7章の内容を元に、実際のトレードの仕方について記載しております。
画像を交えて説明していますので、日経225オプション初心者の方でも理解できるようになっています。
第9章 何故今日オプションを勧めるのか?
何故オプションを勧めるのか。
勿論利益を出すという事も重要ですが、それ以前にあらゆる状況で今取り組むべきなのです。
過激なタイトルもあるので、あえて控えめな物だけ取り上げます。(それでも過激かも、です)
  • 日本国債の買手がいなくなってきている

  • 金利が3%超えたらアウトという事実

  • 金融経済の破綻時に備えられるのは今だけ
最後に
最後に、オプションで大きな利益を出した後、ハイパーインフレになった場合の対処法について記載しております。ポイントはインカムゲインなのですが、具体的なお話は本編でご紹介します。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。


この投資法を入手される方の投資資金は大体10万円〜200万円位の方が一番多いと思います。
これらの元手から始めると恐らく平均1億位は近い内に行くのでは?と思っています。

実際多くの商品では、その対価の10倍以上の効果を出せれば殆どの方は満足すると言われています。
ですから平均対価が仮に1億というのなら、別に1000万円でも納得してもらえるという事です。

しかし、私がこの商品出した最大の目的は日本への資金の流入です。
仮に1000万の価値があっても、実際買える方は限りがありますし現実的ではありません。

そういった意味であっても、自身としては100万円でも決して高いと思っていないのですが、
今回は対象者が大体10万円〜200万円程の余裕資金の方で、平均50万円位だと見ます。
丁度その金額の10分の1の価格よりさらに安く設定しました。

価格は49800円です。


と思えましたでしょうか?
まあそう思えたのであれば、ある意味一番結果を出しそうな方だと思います。
商品の内容、つまりそのリスク・対価・要する時間・そして世間の現状(増税、社会保障の低下、国債バブル、欧州債務危機他)。これらの意味が全て判っていないと安いとは思えないからです。
(単に金銭感覚がマヒしているだけなら止めた方が良いと思いますが、笑)

49800円は現在の価値から言えば決して安い金額ではありません。
今の所、1日の生活はその気になれば食費は1000円あれば十分です。
30日で3万円、まあ家賃も月4万円、電気ガス水道電話ネット代、合わして月10万円もあれば、1ケ月の生活はできます。つまり49800円と言えば半月近くの生活はできるだけの金額です。
実際49800円もあれば、相当な事ができるのです。
現在では半月分位の生活費に相当しますから。

それが判った上で49800円は安すぎると実感できたのであれば、是非お求めください。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。


販売はこの投資法が世間の常識となった時、つまり効果が薄れてきたと判断できた時迄です。

この投資法は、日経225オプションといった投資手法を含め、常識と実態の剥離をついた投資法であり、少数派を徹底的に意識したものです。

ただ、この投資法を読んでみればわかりますが、常識となるにはかなりの時間を要すると思います。システムトレード、証拠金取引、その他大数を占めている取引法。多くの方はこの投資法とは正反対の事していますからね。その状況はこの投資法を出した所で、今すぐには変わらないでしょう。

また、多くの者がする取引手法。どれも甘い罠が背後に仕掛けられてるのは読めば判ると思います。

よってそう簡単には効果が無くなるとは思えませんが、しかしどのような投資法でも使えなくなる時が来るものです。一応通用しなくなった時は実態と常識の剥離がなくなった事を意味しますので、それはそれで違った意味で良いのでは?と思いますが、その時がこの投資法販売を中止するときです。

この為、しばらく販売停止は無いと思いますが、通用しなくなってきたと実感した時は販売を停止いたしますので予めご了承ください。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。


そもそもどのようなトレードでも勝率100%はありえませんので、返金保証はしておりません。

また、保証を求めている段階でこの投資法を使いこなせる事はできないからという確信があります。

この投資法の特徴として、しない忍耐、観察する継続性、そしてここぞと取り組むとあるのですが、
保証を求めている方にはこれらを満たす事などとてもできないからです。

また日数こそ要しないにせよ、すぐ結果が出るかどうかというのも条件が揃い次第なので、いつになるか判らないという事もあります。

しかし、これらを踏まえても、それ程価値の低い商品では無いと自負しています。
返金をしない方に対する公平性もありますし、ここまで読まれているあなたならもう判ると思いますが、この商品の希少性、そしてその価値については理解できていると思います。何もこの投資法に対する意識が低い方に提供する事で、その価値を薄めたくないのです。

よって返金保証はしておりませんので、ご理解ください。
どうしても返金保証を希望している方はここでページを閉じてください。


●日経225オプション口座を開設できる人。もしくはできている人。
●余裕資金で動ける方。最低3万円以上できれば10万円以上。
●パソコンで決済できる環境の方。
●最低限必要な物として日本経済新聞


まずは日経225オプション口座の開設が必要です。
通常は現物取引最低1年、信用取引経験は最低半年が目安です。

ですがこれは所詮目安であり、保有資産、年収、職業、等での総合判断になりますので、
その条件次第で場合によっては、いきなりこの日経225先物、オプション口座の開設は可能なのです。
また、証券会社によってもその基準は異なりますので、口座開設までのハードルが高そうな人でも、あきらめずに頑張ってください。

全く経験が無い場合は、まずは証券口座を開設しいちはやく現物取引をしてください。


それから余裕資産で取引する事は大前提です。
実際、元手数十万から何十倍。何千倍の対価を期待できる内容ではあるのですが、
オプション買いの本来の性質は”掛け捨て“ですので、無くなっても良いお金でする事になります。
ですので、生活資金までは手をつけないようにしてください。

後資金ですが、あまり多すぎる必要もありません。ですが、それでもポジションの事もあるので、最低でも3万円程、できれば10万円程は欲しい所です。

後、億単位の借入を持っている方、後住宅ローンを抱えている方にはですが、一応目安として最低でも、その額の100分の1程度のキャッシュはほしいところです。(まあそもそも、それ位の余裕が無い場合は、既に過剰借入れになりますが)


後、この商品を入手できている方は、パソコンで決済できる環境の方だと思います。
少なくとも電話で決済しなくてはならない環境の方はさすがに厳しいでしょう。スピードで不利です。


最後、日本経済新聞は必須ではありませんが、あると非常に便利(だけでなく有利)です。
1つこの中でも重要な情報があります。それはネット上でも取得は可能ですが、日本経済新聞の方が見やすいという事もあります。またその他参考になる情報もありますので、月額5000円もしませんから、是非契約してください。


次の方は購入をお断りします。

●まずこの商品を買えない程資金に余裕の無い方。
●安定性を求めている方。
●目先の49800円が高いと思う方。



●まずこの商品を買えない程資金に余裕の無い方。

その効果に対し、49800円は決して高いとは思っていませんが、この金額が高いと思う方、さらに元手になる余裕資金の無い方は残念ですが余裕ができてからにしてください。余裕資金でなければ危険です。
精神的な負担より、思った通りに取り組めない可能性が高いからです。


●安定性を求めている方。

コツコツ安定した収益を望んでいる方、それが目的になっている方は、この取引法の意図は汲み取れないと思いますので購入を控えた方が良いでしょう。

ただ、仕事で退職金を当てにしている方は、退職金はもらえるかどうかもわからなくなってきていますし、年金を当てにしている方も、支給額自体年々減っています。財政状況から考えても当てにならないと思うのですが・・・。また、貯金を当てにしている方も消費税増税の流れで目減りしてきていますし、ハイパーインフレにもなれば貯金の意味自体がなくなってきますけどね。

実際、世界的なマイナス金利という異常な国債バブル、つまり国債暴落(ハイパーインフレ)寸前の今、国債神話の前提が崩れる一歩手前だと思うのですが、いかがでしょうか?

安定を求める事は安定の土台となっている前提が崩れればそれまでなのです。


さて安定を求めている方は、多くの方が取り組んできていて、実は前提が崩れればそれまでと一番リスクが高く、実際ある時その前提が崩れ、多くの者が損しているのは、歴史が証明していると思いますがいかがでしょう?戦後、戦時国債がパーになった事もそうではないでしょうか?

それでも安定を求めるのなら反対しません。最後は自分の判断ですから。
前提がひっくり返る時のタイミングと傾向について記載されたこの投資法を49800円という額が果たして高いのか安いのか?

どちらが賢明な選択なのかは、その内証明してくれるでしょう。


●目先の49800円が高いと思う方。

これもその方の価値観です。
確かに49800円もあればそれなりの物は買えてしまいます。
切り詰めれば半月分位の生活費にはなりますし。

ただ49800円で、常識の前提がひっくり返っても耐えられる投資法で将来に備えるか、今の49800円どちらを取るかですね。実際、目先の結果を求める方は多いので、目先の49800円を求める方もいると思いますが、そのような方はあまりこの投資法には向いていないでしょう。

大体ハイパーインフレって過去の歴史上1カ月で2〜3倍、3年で100〜500倍程度ですが、この投資法は2営業日で何百倍にもなる可能性を秘めているのです。

例えば、目先ほぼ役に立つ事の無い生命保険に毎月2万や3万払う事に比べれば、1回こっきりの49800円は非常に安いと思いますが。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。


さて本編の他にも特典を付けました。
特典と言っても、早くお求めになるからこそ有利な物か、今だからこそ役立つ物しかありません。


元々この投資法は50倍以上の大暴騰、大暴落時にのみ対応させた取引法でした。
ですが、大暴落・大暴騰と言っても多くて年1回2回程度のものですから、その他の期間を全くしないというのもさすがにどうなのかな、という所からこのトレード法を編み出しました。

元々買い時はそれ程悩まない事が多いのですが、売り時は最後まで悩む所があり、そのような過程でできたのがこのオプション短期トレードです。3倍〜10倍以上の対価の時に使えるトレード法です。この短期トレードについては当投資法の趣旨とずれているのですが、短時間での判断どころ、特に売り時を学ぶ上ではやはり結構重要な書だと思っております。

しかも、2〜3営業日程度で3倍〜10倍程度の動きがある事は結構多く、変動が少ない年であっても過去の事例より少なくとも年5回以上はあります。大暴騰・大暴落だけ待っていて1年間何も無しでは緊張が途切れてしまう事もありそうなので、この書はその中間的な位置づけだと思ってください。

それでも追証リスクなく2〜3営業日程度で資産は3倍〜10倍になる事があるのですから、大暴落・大暴騰に備える前の種銭殖やしには十分ですし、一般的なFXや日経225先物取引に比べ非常にローリスクハイリターンであると言えます。

少なくとも、追証リスクのある証拠金取引システムトレードに比べればはるかに良いかと思います。

うまくいけばこの短期トレードでもそれなりの対価は期待できます。例えば5倍増を3回続ければ、5の3乗(約125倍)で10万元手が1000万以上になりますから。さすがに完全5倍増以上の3連勝は難しいですが、それだけの期待値のある商品でもあるのです。

よって、この特典だけでもこの価格分の価値は十分にあると思います。

この特典につきましては、どちらかと言えば本編よりも先に通用しなくなる可能性があるのですが、しかし今しばらくは通用しそうですし、最も効果ある内は使った物勝ちです。
何より頻度は大暴落・大暴騰よりは多い訳ですし。

この特典につきましては通用しなくなる時かもしくは出さない方が良いのかな、と思った時迄にしますので、この特典がついている間にお求めいただいた方がお得です。


大暴落・大暴騰直前には、ある条件が複数揃います。

その時の条件を確認するに辺り、全部本編をチェックするのも結構大変と言う事もあるので、その複数の条件を一覧にしたチェックシートをプレゼントします。これで確認すると非常に楽になります。

なお、これは特典1、短期トレード法にも使えます。


購入日より90日間はサポートを無制限でします。(メールのみに限ります)
ただし、90日間無制限サポートに関しては、現在だけの特典です。


次回値上げの際には5回までという制限にさせていただきます。
よってこれも早い物勝ちの特典です。

(ただし、相場そのものの予測や、限月、権利行使価格等の直接的な助言につきましては、金商法に反しますので、お断りさせていただきます)


購入者専用ページより、専用フォームに登録された方には、極秘最新情報をお伝えします。

大きな相場変動の時や(ただし助言にならない範囲内です)、また最新情報。
また、幅広く投資全般でもお伝えできる事があれば、真っ先にお伝えします。(不定期配信)

※なお、登録しない為の不利益につきましては保証いたしませんので、予めご了承ください。


感想文を送って頂いた方には、株式の推奨銘柄一覧をプレゼントします。

と言っても、ハイパーインフレが来ても備えられる物が中心です。要は如何なる局面でも生き残りそうな銘柄が殆どです。さらに超長期的にも成長しそうな物も勿論含んでおります。

その数と言っても数百程ありますが、全上場企業の中でも10分の1以下に厳選しております。さらに、その中より推奨レベルを数段階に分けております。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。


さて現在の価格は49800円です。

その後私自身のトレード収益が大台に乗った時には値上げをする予定です。
一応単位が変わる度に2段階で考えていますが、あまりせこい単位では無いです。

値上げ額は恐らく1万単位になる予定ですが、自身の結果に対しその値上げ幅は見合わないレベルのものですが。・・・1万程度の値上げか、と思えるような結果を出した時にしますが、まあ早い方が有利である事には間違いありません。

もしくは金融情勢が一変した時は、さらに値上げいたしますのでこの事も予めご了承ください。

いずれにせよ、49800円、今後この価格より安くなる事はありません。
49800円でも正直自身としては安いと思っていますが、まさしく今だけの価格だと思ってください。

よって、お早目にお申し込みください。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。

電話・FAXからのご注文もできます。

決済会社はインフォトップさんになります。
次回以降の購入が簡単になる為、パソコンの登録による
ご購入を推奨しますが、パソコンでの登録がよく判らない方の為に電話・FAXでのご注文も用意致しました。

電話・FAXでのお求めはこちらからになります。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。

さて、ここまででよくあるお客様の質問をまとめてみました。

1.基本的な事について
1-1.オプションは全く知らないのですが、そんな私でもできるのでしょうか?
最低限必要な知識に関しては、やはり習得が必要です。本でもいいですしインターネット上でもいいです。当書にも記載しております。

ただ最も重要なのは値(プレミアム)の動き方ですので、これは当書にも画像で説明しています。
最初はボードを見ながら取り組みましょう。実際大体の方はボードを見たら判ります。

後は条件がそろった時にポジションを取り、条件を満たした時に決済するだけです。
それ程難しくはないでしょう。
1-2.ちまたのオプション書籍についてどう思われますか?
また一般の書籍とどう違うのですか?
基礎的な知識を吸収するのであれば、書籍やインターネットからでもよいと思います。
基礎的な部分で原則間違った事を書いているオプションの書籍や情報は殆どありません。

後理論書から入ると逆に難しく、実際の市場のボードからその動きを見た方が判りやすいのは事実です。実際のオプションボードを見て、判らなければ理論書に戻る、この繰り返しがお勧めです。

またオプション書籍の内容は、勝率の高さに目を奪われオプションの売りに特化しているものが多い点には注意してください。特に相場変動が激しい時には、売り戦略のリスクは莫大です。

またオプション書籍と言っても、何千円と高価の割には基本的な仕組み・説明に留まっているだけの事が大半で、ほぼ全部が一般的な理論書止まりです。

リスク回避をベースにした、基本的なオプションの知識に関しては当書にも掲載しているだけでなく、メリットを最大限生かせる時ならではの兆候について記載しております。

特に何百倍の可能性のあるオプションの買いをどんな時にするべきかという点で体系化した物は一般書籍には無いものでしょう。
1-3.オプションは難しくないですか?本を読んでもいまいちピンときません。
オプションは確かに理屈だけ頭に入れてもなかなかピンとこないと思います。

実際にはオプションの値動きを見てみて、それからオプション書籍や情報との確認を繰り返すのが一番わかりやすいと思います。当書はそれについても画像と共に記載しています。実際の値動きから説明するものは確かに一般書籍にはあんまり見かけませんね。
1-4.パソコンの操作にはあまり自信が無いのですが、操作が遅いと不利になるのでしょうか?
オプションの値動きは短時間で激変する事もあり、また当書は裁量トレードである為、操作にスピードがあるに越したことはありません。

但し、もっとはるかに重要なのは可能性のある時に取り組む事であり、
“いつポジションを取るのか”“それをいつ売るのか”が一番重要なので、
スピードは2の次です。

パソコン操作に自信が無くても、実際に使うのは殆ど指値操作位ですから、大きな支障にはならないでしょう。
 1-5.結局はめんどくさいのではありませんか?

兆候の無い日は何もしません。またデータの基本的なチェックは1日5分程度です。

また、多くのトレード法も知っておいた方が有利であるのは間違いありません。
と言っても、基本的な事項はどこにでも書いてある事ですし、それに対する見方考え方については当書に記載しております。

一応はざっと日本経済新聞にも目を通してほしいのですが、その読み方についても記載しています。見る所は決まっており、それも慣れれば1日2〜3分程度で十分です。

要する時間は何もしない日でも、1日2〜10分程度、いざトレードする時はこれにプラスアルファですが、トレードする日であっても、実際には30分以上もしないのでは?と思います。

対価が対価だけに、これ位の事は面倒がらずにしてほしいのですが、面倒くさいという方は残念ですが私がこの投資法で協力する事ができないと思いますので、ここでページを閉じてください。

2.商品の性格・ロジックについて

2-1.どれ位の資金からトレードが可能でしょうか?

元手は3万あれば十分でしょう。一応1万円程度からでも取り組めます。

また追証が全くかからない戦略なので、FXや日経先物ミニより少ない資金でポジションが組めます。

ただあまりに少ない額、5000円以下になると、ポジションの取り方に限りが出てきます。
また一気に全額突っ込む訳ではないので、それも含めて考えると、最低でも3万円以上は欲しい所、できる事ならやはり10万円位はあった方がよいでしょう。
(ちなみに当初私は取り組んだ額は20万弱でした。それでも2営業日で2000万超えできたのです。)

2-2.資金配分はどのような感じになりますか?
一気に全額投資するわけではなく、何分割かして、条件の揃った時に使います。
仮に投資金が10万円ならこれを1〜2万程度で何回かに分けるものと思ってください。
2-3.取引する時間に限りがあるのですが、張り付く必要性があるのでしょうか?
特に張り付く必要性はありません。
証券会社によっては携帯からでも取引可能です。
1日数分でもできます。

ただ、裁量トレードの為、できれば操作性のよい証券会社の方が何かと時間も短く済み有利だと思います。
2-4.夜しか取引できないのですが大丈夫でしょうか?
建てる時は指値が多く、また決済も指値が多い為、夜だけであっても問題ありません。
また平均決済まで2営業日程度の事が多い為、これもあまり支障にはならない事が多いと思います。

対峙できる時間が多いのこした事はありませんが、少ないからと言ってそれ程大幅に不利になる訳でもないので、特に気にする事もないと思います。

また、時間の限られた方の為の取引法も記載しております。
2-5.ポジションを取ってから決済するのにどれ位の期間がかかりますか?

過去の経験上、約2日位が多いです。大体長くても5日位になりますね。
時間上の決済。プレミアム上の決済。その他条件を満たした時の決済とあります。

2-6.損切り・ロスカットの基準はあるのでしょうか?
プレミアムの何割というより時間上の方で損切り基準があります。
時期によっては損切りしないケースもあります。
2-7.限月は決まっているのでしょうか?
特に決まっていません。ただ、基本的には直近限月が多いです。
暴落の度合いや時期によっては先の限月を持ちリスク分散する事もあります。
2-8.具体的に買うべきタイミングや限月、売るべきタイミングは教えていただけるのでしょうか?
その都度の具体的なタイミングについては、金融取引法に抵触しますので、申し訳ございませんがお伝えできません。

ただし、限月に関しては直近が大半ですし、買うべきタイミングや売るべきタイミングは全て記載してある通りです。最後はお客様の判断になります。
2-9.サポートはついていますか?
通常サポートについては購入より90日以内、全て5回だけに限定しております。
特にオプションの一般論に関しては、ここではあまり聞かないようにしてください。
ネットや書籍で十分ですから。
(但し、2012年10月31日までご購入の方にのみ期間限定特典により90日以内無制限としております。)
2-10.システムトレードですか?
完全裁量トレードです。

システムトレードは・・・正直あまりお勧めできないですけどね。
その根拠は先述している通りですし、当書を読み進めばさらに納得できる事になります。
2-11.テクニカル取引とファンダメンタルズ取引どちらになりますか?
この投資法はどちらでもありません。
実態と常識の剥離をついた投資法だからです。

ただしテクニカルやファンダメンタルズを参考にはします。
大多数のトレーダーの動きを参考にしている部分はあります。

この段階でこの投資法が少数派である事がご理解いただけると思います。
大きく勝てるのは常に少数派という格言にもある通りです。
2-12.この商品の最大の特徴を教えてください。
どのタイプのトレードよりもハイリターン期待値が高い上、追証がかからない事でしょう。また、年の内殆どが何もせず、条件の揃った時だけ取り組みます。精神的負担も少ないです。
3.オプション自体について
3-1.オプションは怖いのではないでしょうか?
当投資法はオプションの買い戦略しか使わない方法なので、リスクは最悪で投資金が0になるだけです。しかも一気に投資する訳でもありません。少なくとも人気のFX・日経225先物のように追証にかかる事はありません。また限月の選択によりローリスクにする事も可能です。

同じ金銭での比較で言えば、やがてかなりの確率で起こりうるハイパーインフレやスーパーインフレに策無しで何もしない事の方が私にとってはもっと怖い事です。この事が判る方は少数だと思いますが、これが理解できる方は別にオプションの値動き自体の怖さはたかが知れているはずです。

オプションの怖さといっても、資金配分、ルールさえしっかり掴んで、するべき時に実行さえすればそれ程でも無いと思っていますが、最後は個人の価値観でしょう。
3-2.オプションで勝率が高いのは売り戦略だと聞きますが、売り戦略は使わないのでしょうか?
オプションの勝率が高いのは実際には売り戦略です。
ただし、リスクとしての損失無限大にはどうやっても対処できないという事です。
しかも追証のかかった時は、FXや日経225先物よりも莫大なかかり方をします。

よって、売り戦略は全く使わない事が前提です。ご安心ください。
3-3.オプションとは博打(バクチ)みたいな物ではないのですか?
動き的には一見最も激しく博打(バクチ)に見えます。
だからこそ博打(バクチ)にならない事、しない事が重要です。

まず、オプションの特性を掴む事が重要です。

次にどのようなトレードでもそうですが、ある一定のルールを守れば、博打(バクチ)にはならないのです。当トレードの特殊な所は年間の内殆どが何もしない事にあります。
まさしく可能性のある時だけに取り組むトレードスタイルですので、常時するものではありません。

逆に、オプションを常時する事自体は、売りであっても買いであっても博打(バクチ)に近づく物と見ています。
3-4.博打(バクチ)と投資の違いをおしえてください。
策を持たずにトレードに取り組む事を博打(バクチ)と言います。

この場合、必ずと言っていいですがたまには勝っても、最終的に負けます。
何故なら、策を持っている者が他に必ずいるからです。
それに対処する事ができた者だけが勝ち、無いものは負けるのです。

逆に投資となると、勝てる策が無ければなりません。
このオプション投資法に限って大雑把に言えば、次の通りです。

●常に取り組まない。可能性のある時だけ取り組む。
●多くの者が間違っていて、少数の者が正しい瞬間があり、その時だけ取り組む。

大数、多数派、常識的な投資法、ここからよりかけ離れている事が重要であって、実際の所、大数、多数、常識的な投資法を使うからこそ、多くの方は仮に常々勝っていても、ある時に一気に負けるのです。

ある時に一気負け。
実際、負けている方はそういう事が多いのではありませんか?

この投資法はその逆方向に特化したトレード法という事です。
3-5.今バイナリーオプションが流行っていますが、バイナリーオプションの方が簡単かつ効果が高いのではありませんか?
バイナリーオプションと日経225オプションには大きく2つ違いがあります。

まずバイナリーオプションは最長で24時間先の物しか買えませんが、日経225オプションについては最大5年先の物まで買えます。

2つ目が、バイナリーオプションでは途中売買ができない物もある事です。この場合は買った段階で将来のリターンは確定しています。また、そうでなくとも先述の通り時間が最大24時間先までしか買えない為、途中売買ができてもその時間幅が非常に短いという事です。

いずれにしても、日経225オプションの方が時間軸が非常に長い為、莫大な効果を出しやすいのは日経225オプションの方です。バイナリーオプションでは1回最大20倍程度ですが、日経225オプションに関しては過去1000倍以上つけたケースもあるのです。

またバイナリーオプションではこの投資法の元となっている条件自体がなかなか把握しにくい事もあり、この投資法の本質を生かす事ができないという事もあります。バイナリーオプションは簡単かもしれませんが、その分戦略が限られてしまい、リターンも日経225オプション程は見込めないのは間違いないでしょう。
4.投資全般について
4-1.FXや日経225先物にも生かせるのでは?
このトレード法を知る事で、FXや日経225先物でポジション取りに生かす事は可能です。

ただ当投資法で大きな勝ちを上げた時には判ると思いますが、FXや日経225先物は常に追証を意識しなくてはならない事と、その割にリターンが知れていますので、もはやしない事をお勧めします。
4-2.テクニカルやファンダメンタルズ投資は役に立たないのですか?

テクニカルやファンダメンタルズというロジックは、正直直接役に立つものではありません。

ですが、このトレードを理解する上では様々なトレードスタイルを知っておいた方が攻め幅が広がります。

テクニカルトレードであればどのようなタイミングで買い、売りを仕掛けるのか等。
ファンダメンタルズならばどのような動きになりやすいのか。

基本的にテクニカルやファンダメンタルズは高勝率低リターン、もしくはコツコツ勝つ続けある時1発ドカーンとやられる事が多いと思いますが、それがどのような時なのか。

そのカラクリがここでは判ります。
つまりテクニカルトレーダーに関しては現実的に多数派ですから、その多数派が大きく間違える時が仕掛け時だという事です。

その兆候は本編に記載してある通りです。

4-3.FXや日経225先物をしている方への率直にどう思っていますか?
FXや日経225先物、商品先物については基本的なルールが非常に簡単です。
よって殆どの方はここまでの取引しかしないと思います。

その見返りがハイリスクミドルリータンなのであって、結果博打化にも最もなってしまいがちだとも思います。そういう意味でも是非当投資法を学んでほしいとも思っています。

ただ私がこう言った所で、FXや日経225先物人口の方が圧倒的に多い事には変わらないでしょうし、大多数の方がオプションを全く取り組まないが故、今の私の投資法が成立し続けるとも言えます。その理由も本編を読めばわかるでしょう。
4-4.プットを買うのは非国民ではないのでしょうか?
暴落すれば利益の出るプット買いを建てる事が、たまに非国民的な事を言う方がいます。

最も非国民なのは、現物株の買いであっても、勝てないトレードを推奨する事です。それはすなわち金融資本の海外流出を意味しますので。また、勝てば資本が国内に流入するだけでなく納税もしますから、それだけで国の為に貢献している事になります。

モラル的に言えば、暴騰であっても戦争時の暴騰による儲けはどうかと思いますし、金融危機暴落に関しても考えようによっては金融市場が正常に近づくとも取れます。ですので一概にプットがダメだとか、コールが良いとかは言えないと思っています。

そもそも暴落自体を防ぐ事については1個人の力ではどうしようもなく、世界各国政府の政治経済問題ですから直接政府にお問い合わせください。(笑)
4-5.先生はオプション以外にトレードされるのでしょうか?
オプション以外にする取引は対極的にある現物株(日本株だけです)の買い位です。

ただしトレードというよりは、オプション取引というデリィバティブの世界から現物取引というリアル世界に資金を移しているだけの事です。つまりオプション取引のリスクヘッジとして現物株を取得するという意味合いが強いのです。
(多くの方は現物株のリスクヘッジとしてオプション活用する事が多いのですが、私の場合は逆で、オプション取引後のリスクヘッジとして現物株の買いをしているのです)

その他広い意味では投資、一般的に事業とも呼べる物が不動産投資です。
ここで気をつけるのは、借入をしている場合、万事への具体的な対策があるかどうかが重要ですね。とりあえず私の場合は当初10年固定で取り組みました。国債暴落のヘッジ策です。

ただ不動産投資は、税制的にどうしても長期所有が前提になりますので、トレードという呼び方は正確ではありませんけどね。

5.口座開設について

5-1.業者の指定はあるのですか?またオススメの業者はあるのでしょうか?
当投資法は裁量トレードなので、トレード自体はどこの証券会社でも大丈夫です。

とりあえず当投資法でお勧めとしているのが、操作性と、データ量の豊富さから楽天証券です。
また、本編ではその他お勧めしている証券会社は2つ程あります。
5-2.投資自体の取引経験がないのですが、口座の開設初心者は取り組めないのでしょうか?
残念ながら日経225先物・オプション口座の開設には、現物株は1年以上、信用取引半年以上の経験というハードルがあります。

ただし本人の知識量、勤続年数、年収、金融資産、の総合判断でも変わってきますし、最後は証券会社毎の方針もありますので、場合によってはもっと短くて口座開設が可能な事もあります。
6.運用成績について
6-1.1億近く勝ってしまったのですが、今何に気をつければよいのでしょうか?
この投資法が成功した時は急激に資産が増える事があります。
その後は博打化しない事に気をつけてさい。

当投資法を完全に守らず、全資金を再度使って読みを外した場合、最悪納税時に税金が払えなくなるような自体もあり得ますので注意が必要です。最低でも翌年の3月確定申告の納税時分のキャッシュは残す必要性があります。つまり利益を出した場合は年が明けてから確定申告時の納税4月迄が注意が必要です。

詳細は本編にも書いていますが、勝った場合多くの資金は株式他様々な物にシフトしてください。
そしてオプション先物口座には、多くても納税資金分位(つまり勝った金額の20%程度)までを口座に残す位にしましょう。なるべく多く出金しておく事です。

後、暴落時の時には口座のペイオフにも気をつけておいてください。キャッシュは証券口座・銀行各行1000万までの金額に押さえておきましょう。(それ以上は無利息性口座に預けておきましょう)
6-2.勝率・損益率はどれくらいですか?
オプションの買いの勝率は通常10%〜20%程度位のものですが、当投資法では50%近くなります。

損益率については、私の場合は2営業日で10000%以上増の時もあれば、300%増程度の事もあります。
よって、損益率は上下のバラツキがかなりあり、明確にはお答えする事はできません。

冒頭のグラフの図にもあった通り収益の増え方は急激であり、よく見かけるシステムトレードの結果のように正比例的な増加ではないのは確かです。
6-3.今までFXで勝つことすらできませんでした。必ず勝てるようになるのでしょうか?
残念ながら100%の的中はありえません。よって必ず勝てる保証はできません。
むしろ先述したとおり、しない時はしないという忍耐、それからするべき時にポジションを取れるかにかかります。まずはこれが多くの方にとっては難しい事であるのを理解してください。

資金配分を守り条件が揃った時だけ取り組めば資産を増やせる可能性が上昇するでしょう。
6-4.勝てない時はどのような事が原因となるのでしょうか?
当投資法は理屈が難しいというよりは、条件を満たさない時はしないという忍耐、観察を常日頃する忍耐がまず難しいと思います。しない事の重要性がまず判っていない事がまず1つ目。

後は条件を満たした時はすばやく行動に移す事ですね。条件が揃った時には素早く動く事が2つ目です。この2つができていない事が大半でしょう。
6-5.メンタル的に必要な条件とはなんですか?
しない忍耐、観察する継続性、そしてここぞと取り組む勇気の3つです。

まず第一段階で重要なのは、可能性がある時以外はしない事です。

そもそもオプションの買いという性質上、大きな乱高下がなければ大きく勝てません。
少なくとも大数の法則上、オプションの買いは時間経過で負けるようになっていますから、可能性のある時以外は取り組むと負けるのです。

実際には1年間で、大きなチャンスは1回2回位はある物ですが、1年間全く何もしない事もあるという位の覚悟が必要です。過去の歴史が証明しているようにそのような時は必ず来るからです。

しかし、取り組む方の多くはやはりデイトレを始め、常にしないと気が済まない方が圧倒的多数です。また、その時が来るまで待ち切れず、他の投資法やシステムトレードに手を出し資金を無くしてしまう。このような方が実際には最も多いのです。これが多くの方ができない理由の1つです。可能性のある時以外はしない。

そして、第2の条件、1年の内トレードをしない事が大半である為、条件の観察ができなくなってしまう方がいる事です。結果も出ないのにやってられない、という方ですね。ただこのような方には過去のデータを見てほしいという事です。有料であれば、オプションのデータは取得できます。そこでもこの投資法の内容は確認できます。

それでもできなくなるという方が大半です。残念ながら多くの方は目先の結果だけに囚われている事が多いようです。対価が対価ですので、観察をし続ける、来る日も来る日も観察をする。
これ位の労力は惜しんではならない所でしょう。

ここまでは単に忍耐ですが、ここまで忍耐強い方はそれ程多くはないのが現状です。

そして最後第3の条件ですが、取り組むべき時に取り組めないという方です。
このタイプの方は実は条件的には最も勝ちやすいとは思っているのですが、ですがこれが悪い方向に行くと、むしろしない事が習慣化してしまい、いざとなるとポジションを持てないのです。

この方に特筆するとするなら、お金を投資すべき時はしてください。という事です。
それでなければ、単に観察しているだけに終わります。


以上3つ、しない忍耐、観察する継続性、ここぞとばかりに取り組む勇気の3つです。
非常に難しいですが、この3つが無いと結局結果は出ないという事です。

当投資法は理論上決して難しくはありませんが、上記3条件を満たす事がなにより難しいという事になります。
6-6.通用しなくなる時が来るのではないでしょうか?
当投資法は実態と常識の剥離をついているものです。
実際に実態と常識に剥離がある間、つまり当投資法が常識にならない間は大丈夫でしょう。
(読んでみると判りますが、通用しなくなること自体がなかなか難しい事だと理解できます)

そもそも金融市場自体が実態と一般常識との間で相当な剥離があります。
大多数の方は常識に囚われ間違えている事が故、ゼロサムゲームにも関わらず負けている人が圧倒的に多いのです。この実態と常識の剥離がなくなるまでは通用すると思います。

また通用しなくなる事=実態と常識の剥離が無くなった事を意味しますので、ある意味市場が健全化しているとも言えそれはそれでよいのではとも思っています。

しばらくはまずは無いと思いますが、もし当投資法が通用しなくなったと実感した場合は、販売停止します。
6-7.普段殆ど何もしない事が多いので暇なのですが・・・その間すべき事はありますか?
確かに全くしない日が殆どです。また、すると言っても1日2〜5分程度最低限のチェックだけ、そして週1回のある事をチェックするだけです。条件が揃わなければ、すべき事はこれと言ってありません。ただし、条件も揃わないのに、余計なポジションを持つことだけは避けるようにしてください。
6-8.トレード一本で生活もやっていけますよね?
この投資法の特徴は一定期間でコツコツ資産が増えるのではなく、不規則にある時に一気に増える事が挙げられます。順当に行けば年間の内チャンスは1回程度あると思いますが、相場の展開によっては2年間程何も無い可能性もゼロではありません。

しかしながら、大量の利益を上げた場合は翌年3月には確定申告の必要性が出てきます。
その額が大きい程納税額も大きくなります。展開次第では一旦利益を出したが、納税時まで暴落・暴騰が起こらず、もし投資法で失敗した場合に納税分の余裕資金を残してなければ、納税不足によるキャッシュアウトという可能性が考えられます。利益時の納税に関しては国税ですので、不足しますと差し押さえ等の可能性があるので、注意が必要です。特に億単位の利益を出した場合、納税に注意が必要です。

また、この投資法で成功し、一気にキャッシュを増やすと・・・恐らくですがメンタル面でまず金銭感覚がマヒします。ですから自己の収益源をこのオプショントレード1本に絞ると、お金に対して魔が差す可能性も高くなり、いよいよ納税時に払えない危険性も高くなるのです。

増えた後の心構えについては当書籍内に記載してある通りですが、やはり収入源はこのトレード以外にも複数持っておいた方が得策だと見ています。詳細は本編にもある通りですが、1例として不動産投資と株式配当では定期的に一定収入がある為、金銭感覚が保てると言った意味もあるのです。目安としては、これら一定収入金額の枠を超えてトレードしない事、そして納税用のキャッシュは確定申告+予定納税の分迄備えておくという事です。

もしこの投資法で1財産を築いた場合、いよいよ収入源をこのトレード法1本に絞らない事をお勧めします。もし多大な利益を出した場合収入源を複数持つ事、作る事を意識してください。
7.販売価格等、購入に関連する事について
7-1.他の投資でも結果を出しているのですが、この商品を手にする意味があるのでしょうか?
FXや日経225先物と言った証拠金取引より、ローリスクハイリターンですので、知ってみる価値はあると思います。また先に述べた通り、この投資法を知る事でFXや日経225先物の予測にも使えますので、そう言った意味でもした方が良いと思います。ただ多くのトレーダーに共通する、毎日トレードしないと気が済まない、ポジションを持たないと気がすまない、目先の結果が出ないと気が済まないタイプの方はこのトレード法は受け付けられないかもしれません。

ただ、結果を出してしまうと、もはやFXや日経225先物はアホらしくなると思いますが・・・。
7-2.何故、この商品を出したのですか。だまって自分だけ使えばよいのでは?
1つ目は日本に資金を流入させたいからです。
その結果あなただけでなく、日本全体が潤いますからね。
その結果、ゆくゆくは自分にも返ってくると思います。

そこそこの部数が売れれば、大げさでもなく数千億単位〜兆単位のお金が日本へ流入する事も可能だと思っています。それがファンドでは無く各個人に入るのです。それは日本経済の活性化につながると思っています。

しかもスーパーインフレやハイパーインフレが近い将来にある今だからこそという事もあります。
既にある程度の結果も出していると、このような動機になるのは自然な事だと思っております。

2つ目は、自分の事だけしか考えない者は最終的には大した結果も出せないし、敷いては自分を苦しめる、という事を実感しているからという事もあります・・・。

一応格言の1つに『おいしい物は自分一人で食え』というものがありますが、だからこそ大多数の勝ち組トレーダー(ファンドも含む)は最終的に負けてしまうのだと実感している事もあります。
7-3.返金保証は無いのでしょうか?
そもそもどのようなトレードでも勝率100%はありえませんので、返金保証はしておりません。

また、保証を求めている段階でこの投資法を使いこなせる事はできないでしょう。
上記3条件しない忍耐、観察する継続性、そしてここぞと取り組むを満たす事などとてもできないからです。

また、返金をしない方に対する公平性もありますし、何よりそれ程価値の低い商品では無いと自負しています。返金保証を希望している方はここでページを閉じてください。
7-4.類似の投資法・書籍はあるのでしょうか?
そもそもオプション取引法については単に説明している物ならたくさんあるのですが、投資法自体を戦略的に取り扱った物は殆ど無く、さらに実態と常識の剥離をついた投資法はもっとありません。
あらゆる面から少数派を意識した投資法ですので、類似のものはないでしょう。

あったとすれば転載しているのでは?と思われます。その場合はお知らせください。
転載発覚かつ賠償請求完了した場合、その中より謝礼をいたします。
7-5.高くありませんか?
常に追証と背中合わせ、それで資産をようやく倍程度にしかできない、似たりよったりの量産化されているハイリスクミドルリターンのFXシステムトレードが3万〜6万近くで売っている事に比べると、損失は最大で投資金のみ、時間も短く、さらに投資額対リターンの事を考えると非常に安いと思います。
7-6.値上げの予定はありますか?

その時の状況に応じて上がる可能性があります。

1つのきっかけは私自身の結果にあります。
明確に私自身が単位の変わる収益を上げた時、価格を上げる可能性があります。
特に収益額の桁が変わった時は値上げしたいと思います。
その分紹介して頂いたアフィリエイターさんへの報酬を上げたいと思っております。

もう1つは世間の状況が大幅に変動した時になります。
簡単に言えば国債暴落といった物価そのものが激変する、そのような非常事態と言われる状況になった時です。例えばハイパーインフレ時は1ヵ月で物価が2倍3倍というのが過去の歴史ですから、それに応じて変わる可能性はあると思ってください。

つまる所ですが、お求めするならば早い方が良いのです。
なお、今後値下げする事はありませんので、
遅くて有利になる事はありません。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。

■S.H様(東京都、30代男性)
入手以前の状況 =
入手前はシステムトレーダーでしたが、システムが機能しない局面で、損失が出て、結局システムはあくまで過去の結果であり、現在の動向を見極める必要があると考えていました。

入手してからどう変わりましたか? =
225先物やオプションのマニュアルを探しておりました。
内容は理論的で今後も通用する手法だと思います。
オプションはシステム化することが難しいと思いますが、エントリーとエグジットが明確に提示されておりますので、とても取り組み易いと思います。
また、メインの手法は大暴落と大暴騰を狙う内容ですが、特典の短期売買手法はオプションをメインに、225先物にも応用することができると思います。
年明けから早速取り組んでいますが、年明けの調整局面で、12000コールを2円と3円で仕込むことができ、12円で利益確定することができました(短期6倍)。

さらに直近では、先物主導の短期調整局面で、225先物でショート10820→10500を取ることができ、往復で11750コールを8円で、225先物を10500を仕込むことができ、一部は確定しましたが(短期3倍)、残りの保有ポジションは含み益がかなりある状態です。
購入者へのサービスがとても良いと思いますので、今後、他にマニュアルを追加リリースされるのであれば、購入しようと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

入手してから感じた事 =
外国人、ヘッジファンドの動向に合わせ、一般個人の逆のポジションを保有するように心がけるようになりました。
■S.T様(福岡県、40代男性)
入手以前の状況 =
現物株をただひたすら値上がりするまで持ち続けていました。
いわゆる塩漬けです。まあこれ以上下がることはないだろうと勝手に思い、日経平均1万円手前で買ったものがほとんどでした。
結果はご存じの通り、数年にわたる含み損地獄を味わいました。もっとうまいトレードの仕方があったのでしょうが、自分がうまくやれるとは思えなかったのと、長期投資幻想みたいなものがあって、デイトレードもスイングトレードもやりませんでした。ただこれじゃいくらなんでも面白くないと思い、余った金でワラントに手を出してみましたが、数十万円がたったの数千円になる凄い現実を見せられて愕然といたしました。
デリバティブの破壊力をまざまざと見せられました。ただ、このまま負けたくないという気持ちは強く、最小限の労力で最大の効果をあげられるものはないかと探している矢先、この商材に出会いました。

入手してからどう変わりましたか? =
日経225関連のデリバティブで先物以外にこんなやり方があるなんて全然気づきませんでした。
ただ、自分はワラントの経験があるので、基本的な考え方はすぐわかりました。
今まではただ日経平均やTOPIXなどの指標を追いかけていただけでしたが、オプションの数字や外国人の動きも少しずつ追いかけるようになっています。
また、馬鹿の一つ覚えみたいにコールばかり意識していましたが、暴落に備えるプットにも相当意識が向くようになりました。
結果チャートや板を見るという株をやっている人間なら当たり前に知っているはずのこともやってなかった自分に気づきました。3年以上もやっててこんなこともわからなかった自分が恥ずかしいですが、これを機に一からやりなおします。
ある一部の富裕層(要するに欧米奥の院の連中ですね)が、日本にいろいろとしかけてきていることは感づいていましたので、連中を出し抜いて大きく儲けてやりたいという気持ちでいっぱいです。

入手してから感じた事 =
ズバリ、この日経225オプションこそ自分の投資の中心になります。
これは誇張ではありません。自分はどういう訳か日経平均というものが大好きなのです。
現物の中で一番多く持っているものが日経225連動型ETFですし、ワラントも日経225のコールばっかりを買っていました。もし、このオプションに出会っていなければ日経225先物をやっていたことは間違いありませんし、実際研究し始めていました。
ただ自分は借金が大嫌いで、ローンも絶対組まないぐらいの人間です。
ですから高い確率で追証が発生するFXや先物は気持ちの上でかなり抵抗がありました。
ただ、現物株だけでは自分はわずかな利益しか出せないため投資の旨みがあまり味わえません。その点、失敗しても投資資金を無くすだけのワラントやオプション買いは自分にとって理想的な投資法です。今、あらゆる角度からオプション必勝法を研究し始めています。
■T.T.様(沖縄県、30代男性)

入手以前の状況 =
日経225オプション投資法を購入するまでは、吉田繁治氏の「国家破綻」を読んで自分なりにどうすればいいか考えて、銀および金並びに食料の自給自足率を高めるためにべランダで葉野菜中心ではありますがやっておりました。
しかし、先の大震災により給与を7.8パーセント引き下げられ、金および銀を安定して購入することができなくなってしまいました。野菜も世話をしていれば、さまざまな病気になりますのでそれなりお金がかかります。もちろんそれを削るとなると自然と生産能力が落ちました。

入手してからどう変わりましたか? =
半信半疑で購入して、当初は正直あまり信用していませんでした。購入後半年は様子を見ていた状況でしたが。去年の10月後半からテキストに書いてあるように条件がそろい始めたので手元の金を少し売り払い投資したところ、12月〜3月で70万円ほどの利益を出しました。しかも、あんなに元手も枚数も少なかったのにです。もちろん元手を証券口座に残してあとは下ろして手元にあります(半分は現物の購入にあてました)取引の方法もなれてきましたので、これからも今後のために手堅くやっていきたいと考えております。

入手してから感じた事 = 日経新聞からデータをとってエクセルに打ち込んで実際に取引したりするとやはりこの世は出来レース、しかもインチキがはびこりすぎて気分的には最悪でしたが、私には家族がいますのでなんとか生きていかなければいきません。どんなにインチキな賭博経済でも、それが現実ですから。これからもよろしくお願いします。

■A.M様(香川県、60代男性)
入手以前の状況 =
もう25年ほど株式投資の勉強をしてきましたが、大暴落の前までは現物投資で多少の利益を上げていました。暴落の直前には嫌な感じがしてすべて手仕舞いをして難を逃れたのですが、その後先物やオプションの口座を開いてやり始めたのですが仕掛けた時の怖さが出るようになってからは上手くいかないようになって今日に至っておりました。オプションの安いところも手は出していましたが手仕舞いを早くしていたので上手くいきませんでした。

入手してからどう変わりましたか? =
広告を見て1頁も見ないうちにこれだと思って先に注文を出して即ネットでお金の振込を済ませてから広告の内容をゆっくり読みました。今までオプションを使って何か方法があるはずと思いながら出来なかったのですが、売りをしようとは思いませんでした。もしやっていれば当の昔にジエンドになっていたと思います。入手後はなるほどと思い3月限の仕込みを致しました。

入手してから感じた事 =
オプションに対する仕掛けの方法はなにかあるはずだと思いながら今日まで思いつかなかったのですが、この投資法を読んで、ああいままでさがしていたのはこの方法じゃないかと思っています。今では、自分のやりたかったのはこれだと思っています。
■H.R様(青森県、30代男性)
入手以前の状況 =
毎日残業でも手当てはつかず、人生をほとんどあきらめて奴隷のような、搾取され続ける人生なのだろうなと思っていた。

入手してからどう変わりましたか? =
投資法入手後は、目からうろこが落ちた感じでした。なによりも希望を持つことがたのが最大の効果だと思う。坦々と投資法を実践し、人生を変えたい。

入手してから感じた事 =
自分では、知らないことが多すぎて、世の中にはこんなにも情報が溢れているのに本当に役立つ情報は、ほんの一握りだと感じた。
■K.K様(千葉県、30代男性)
入手以前の状況 =
225オプションの知識は全くと言って良いほどなかった。

入手してからどう変わりましたか? =
数十万単位の利益を出すことができた。

入手してから感じた事 =
トップページにある、違和感のあるグラフ。この資産の増え方を本当に実現できるのだと確信した。


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。


追伸重要なのは世界が激変の現在、身を守る術を知る事です。

さて、もう欧米では本格的な金融危機に近づいてきました。

日本ではバブル崩壊以降20年間異常デフレが続きましたが、資本主義が続く以上最終的にインフレになるのは歴史が繰り返している通りです。今の日本のように異常な低金利が続いた国家は実は過去にもあり、その結果は爆発的なハイパーインフレで締めくくったのです。結局ですが年平均4〜5%のインフレが資本主義経済の平均金利であり、もはや金利が3%になると税収で金利返済ができない域になっているのが今の日本です。バブル崩壊後から20年以上のデフレトレンドがインフレに転換した時のパワーは図りしれない物があります。

そもそもユーロの政治・経済の分離支配構造から、EFSFの5倍レバレッジのよる仕組み迄、さらにはほぼ世界中の国が膨大な赤字国債を発行している事から、国債暴落による世界金融危機はもはや避けられないと見ています。金融混乱・複数の銀行破たん程度ならまだましな方、1カ月で2倍や3倍のハイパーインフレ。最悪は世界同時ハイパーインフレです。通貨自体が信用ならない時がくるかもしれません。また食料危機や戦争危機の可能性も年々高まってきています。

さて、このような激変の時代だからこそ、この投資法の意味があると思っております。
日経225オプションにより資産が1000倍以上になる事は別に誇張でもなんでもなく、過去達成したお話はたくさんあります。ただ余り表にならないだけです。やはり表になると何かまずいんでしょうか?ですが、一撃で莫大な利益を出せる方法はオプションの買いですし、日本人個人が参加できるのもこの日経225オプションしかないのです。

つまり激変の現在だからこそ、この投資法を身につけて欲しいのです。
歴史的な暴落・暴騰のヘッジとしてオプションで防衛するのです。

ちまたにある数万程度の商材のように、資産を2倍3倍程度にするような事。
それはそれでいいのでしょうが、そのような事が現在重要だと私は思っていません。
特にマイナス金利と言った国債バブルの現在、世界金融危機直前の現在ならなおそうでしょう。

さて、この投資法はオプションで金融危機から防衛するだけでなく、大きく勝った後の事まで記載してあります。それはなにも金銭だけに限っていません。

今後の世界は、最終的に金銭以外の部分で支え合う事が重要だと思っているのですが、現在重要なのはその為の準備だという事です。現在はまだデフレのピーク。国債バブルですから、キャッシュの価値が最大の今はこの投資法を身に付けてほしいのです。

また、ハイパーインフレに突入した場合、多くの投資法は通用しなくなる、もしくはハイリスクになると思いますが、その中でも群を抜いて効果を出しやすいのもこの投資法だと自負しております。

ここまで読んだあなたならこの投資法の意味を理解していると思いますが、激変の時代に備えた投資法を今すぐにでも入手してください。

最後に勝つのは、決断にスピードがある人。である事には間違いありません。

                                           賀茂 知大


※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
オプション買い取引は価格変動リスクを伴う為、場合によっては損失を被る可能性があります。
オプション買い取引には取引業者の売買手数料がかかります。